難消化性デキストリンの効果や飲み方を詳しく解説!便秘や血糖値に効果あるのは?

トップページ > カーフレイズでふくらはぎを鍛える方法

カーフレイズでふくらはぎを鍛える方法

外へと爪先を向けるようにする運動をするだけでも、内側のふくらはぎの筋肉を鍛えられるようになります。逆につま先を内側に向ける運動をすると、外側のふくらはぎの筋肉を鍛えられます。バランスよく筋肉を鍛えたいのであれば、太ももだけを鍛えるのではなく、ふくらはぎもしっかり鍛えるようにしましょう。

 

ふくらはぎの筋肉を鍛えるというのは、男性だけではなく女性にもメリットがあります。例えば、ふくらはぎの脂肪を燃焼させることができますし、血液の循環が良くなって老廃物や水分を流しやすくすることが可能になります。そのため、ダイエット効果やむくみ対策をすることも可能になっているのです。

 

カーフレイズをするときに注意すること
カーフレイズは自宅で行うことができる方法になっていますし、やり方もとてもシンプルになっています。ですので、気をつけなくてはならないこともそこまで多くはありません。スピードを早くして行ってしまうと筋肉を損傷してしまったり怪我をしてしまう原因になりかねません。特に普段あまり運動をしていない人の場合、負荷が大きくなりすぎてしまって肉離れになってしまう可能性だってあります。

 

また、あまり筋肉を動かさないトレーニング法ですから、正しい方法で行わなくては筋肉を鍛えられずに効果を得づらくなってしまいます。ですので、ゆっくりと動かすようにしつつ、負荷が足りないのであれば片足だけでカーフレイズを行ってみたり、ダンベルを使って負荷をかけるようにしてみてください。